思わずジブリかって突っ込みたくなる最強パワースポット諸口神社に祀られた夫のために海に投じた弟橘姫命(オトタチバナヒメ)

みなさん、こんにちは。

 

株が下がっていて、金運に見放されていると落ち込んでいませんか?

彼女、彼氏に振られて落ち込んでいませんか?

 

そんなあなたに、静岡県伊豆半島の海沿いにある、朱い鳥居が際立つ諸口神社を紹介します。

伊豆半島の美しい自然とマッチし、素敵な縁を提供してくれます。

 

 

小象
小象
そんなんで、高足蟹で有名な沼津市戸田御浜岬にきているよ


御浜岬に鎮座している諸口神社でご利益を受けるワン
コロ助
コロ助


 

沼津市戸田御浜岬 諸口神社へのアクセス

 

御浜海水浴場駐車場の大きな無料駐車場がるから、車で行きやすいよ。
小象
小象


 

 

公園も広くて整備されてるワン
コロ助
コロ助


 

 

 

小象
小象
遠くからもこの朱い大鳥居が目印になるよ

実際、小象もこの朱い大鳥居を見て立ち寄ったよ、まさに運命の出会いだね



 

 

 

諸口神社の概要

 

小象
小象
御浜岬の先端に鎮座して海の安全を守っているよ。創立は不明だけど、室町時代から地元の漁民から信仰されてきたよ。

 

まさに、海の女神様だ。



 

 

  住所:〒410-3402  静岡県沼津市戸田2710 
  祭神:弟橘姫命(オトタチバナヒメ)

     (別名:もろき姫、国玉姫)
  創建:1402年(応永八年三月)再建

     現在の社殿は、昭和28年4月改築

 

弟橘姫命(オトタチバナヒメ)は、ヤマトタケル尊の妻として、嵐の海を鎮めるために、夫を助けて自分の命を海の神に捧げるために入水しました。

愛する人のため、命をかける、そんな人に巡り合いたいですね

 

 

諸口神社の鰐口(ワニグチ)が有名

 鰐口(鼓面直径27cm、厚さ12.3m、重さ5.25kgの鋳銅製で神に来意を告げる金属製の鳴具)は室町初期に武蔵国から奉納された民芸品で、中世の交易の様子や当時の鋳物師の歴史を示す品として重要な資料であるとして市の有形文化財に指定(平成18年)されている。

 

 営業時間:特になし   

 御朱印:300円
      

 本殿に置いてあり、セルフ販売となります。

 

御朱印は2種類あるようです。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*