穴場旅館の江ノ電腰越駅近くの秋田屋さんが便利

みなさん、こんにちは、小象です。

旅はいいですね。

普段の疲れを癒してくれます。

江ノ電の旅で、穴場の旅館に泊まったので紹介しますね。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は za_vcB-mTYuZCYA2WxEpnben4vkITdfU-xkVsR31pEugAfgwkQP_xnfWcBdrRAMXH5L3lnCEJBIqH4VGPIjR_wOYxhV5ymCavlp8GFwVP7pRD0ZMFZfFYrnrd7p0RNS3ag0TvEc76HbmNPLPhg です

 

場所は、江ノ電 腰越駅近くの民宿です。

ついでに、腰越についても紹介します。

 

江ノ電 腰越:地名の由来

コロ助
コロ助
「天女と五頭龍」という江の島誕生にまつわる伝説に由来してるだワン

 

昔々、鎌倉の深沢の沼に五つの頭を持つ悪い龍が住みつき、住人を苦しめていた。

 

この龍は、山崩れや洪水、飢饉とありとあらゆる天変地異を巻き起こし悪さをしていた。


困り果てた村人たちは子どもを生贄に捧げていたことから、この地を子死越(こしごえ)と呼ぶようになり恐れられていました。

 

それが現在の『腰越』の地名の由来だという。

小象
小象
五頭龍か、こえーよ

 

ある日、江の島が隆起して現れ、天女(弁財天)がこの地に住むようになりました。

 

その天女に一目惚れした五頭龍は天女に求婚しますが、五頭龍の悪行を理由に天女に断られてしまいます。

 

その後、改心した五頭龍は五頭龍大神となって人々を守るようになり、なんと天女(弁財天)と夫婦となりました。

 

小象
小象
すげーよ、五頭龍。
好きな女のために改心して神になるなんて

 

この五頭龍は、この龍口明神社に祀られているそうです。

 

釣り船民宿秋田屋さん

今回は、鎌倉の腰越の旅館 秋田屋さんに泊まりました。

 

アクセス

 

江ノ電 腰越駅を下車して港方面に徒歩3分です。

 

 

腰越駅の裏側には、かわいい絵が描かれていました。

 

少し歩くと黄色い建物が見えてきます。

 


1階がレストランになっています。

住所:〒248-0033神奈川県鎌倉市腰越2-10-30

 

秋田屋さんでの朝食

今回は、夕食を頼み忘れてましたので、朝食だけです。

当初、素泊まりでしたが、掲示板で「朝食がおいしい」という書き込みが多かったので、無理やり朝食をお願いしました。

朝食は650円くらいだったかなー。

 


ザ・和食の朝食という感じですが、非常に上品な味でした。



特に、干物とみそ汁がうまかった。

たまご焼きも絶品です。

 

腰越の秋田屋さんに泊まって

秋田屋さんは、江ノ電腰超駅すぐということで、非常に便が良いです。

お値段もリーズナブルです。

部屋数は少ないようですので、落ち着いて泊まれますよ。

今回は、腰越について知ることもできて、また江の島が好きになりましたね。

ぜひ、みなさんも一度泊まってください。

民宿のおじさん、おばさんもとても親切でした。

 

 

→→→江島神社は夜のデートにピッタリな理由は?

→→→小動神社は4倍のご利益

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*