ラブライブの聖地:神田明神で恵比寿様と大黒様のご利益を授かろう

みなさん、暑中見舞い申し上げます。

本当に暑いですね、こんな時こそ癒されに出かけましょう

今回は、秋葉原に近い神田明神を紹介しますね。

コロ助
コロ助
神田明神といえば、日本三大祭りのひとつ「神田祭」が有名だワン

 

神田明神の背景・ご利益

神田明神は730年に創建されとた記録されています。

元々は現在の場所ではなく、千代田区大手町・平将門公の首を祀る将門塚にありましたが、時が進み江戸幕府の区画整理によって、現在の場所に移遷されたとのことです。

 

神田神社の3大御祭神
・大己貴命(おおなむちのみこと)

 

小象
小象
日本一の大黒様だね。縁結びや夫婦円満ばどのご利益があるよ。

・少彦名命(すくなひこなのみこと)

コロ助
コロ助
恵比寿様だワン。
恵比寿様は、知恵、商売繁盛、健康運にご利益があり。受験生に人気だワン

 

・平将門命(たいらのまさかどのみこと)

小象
小象
恐いイメージもあるけど、命をかけて国を守る伝説の英雄の姿もあるよ。魔除けや勝負運にご利益があるよ

 

近年は、秋葉原という場所柄と「ラブライブ」ですっかりアニメの聖地になった側面もあり、まさに日本らしい(古きと新しき文化の調和)神社です。

 

小象もラブライバーなのでとても楽しみにしてました。

神田明神へのアクセス

 住所: 東京都千代田区外神田2丁目16-2

 

  中央線・総武線 御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分

  京浜東北線・山手線 秋葉原駅(電気街口)より徒歩7分

 

 徒歩の場合は、御茶ノ水駅(聖橋口)で降りる場合が一番近いです。

 湯島聖堂前の交差点を右折し 100m ほど歩くる神田神社の大鳥居が見えます。

 

 

神田明神の境内

 

隋神門

大鳥居をくぐると正面に「随神門」が見えます。

総檜造りで朱塗りの立派な門ですね。

小象
小象
昔ながらの古風な木造建築をイメージしてたからビックリ‼

 

中国の影響が強く、北極星を中心として四方に四神が彫刻されてるだワン 四神は、青龍・白虎・朱雀・玄武、見つけてだワン

コロ助
コロ助

 

コロ助」
コロ助」
隋神門は神社内に邪気が入ってこないように守ってるだワン

 

神田明神 手水舎

随神門を通り、左手に手水舎が見えます。

神田明神の手水舎は、清潔に整備されています。

思わず、手を洗いたくなります。

小象
小象
かわいい龍が、水を提供してくれます

 

境内はきれいで、江戸時代の文化が色濃く、私たちに馴染みの物がたくさんありました。

 

 

大黒様

小象
小象
大黒様は、高さが約6.6メートル、重さ約30トンの日本一の石造り。かっこいいぞー

 

 

恵比寿様

 

  恵比寿様とてもかわいいです。イルカ、タイ、トビウオに守られています。

 

 

社殿

 東京大空襲を耐え抜き、江戸開府400年を記念する2003年に国の有形文化財登録されました。

 

コロ助
コロ助
社殿を守っている狛犬が僕と同じで強そうだワン

 

 

明神男坂

神田神社の境内にある明神会館の脇にある石段の坂です。

天保初年当時に神田の町火消し4組(「い」「よ」「は」「萬」)が、石段を奉献したのが男坂の始まりと言われています。

当時は、江戸湾を行き来する漁船の目印になっていたとか。

 

神田明神の男坂は、アニメ「ラブライブ」で高坂穂乃果達9人が部活動でトレーニングしていた場所で有名ですね。

 

小象
小象
実は小象も、ラブライバーです。この情報いらないか(笑)

 

楽しみ方いっぱいの神田明神でしたの件

どうですか、神田明神?

古き良き日本が満載ですね。

平和な日本の時代、江戸時代と平成がコラボしたような神社です。

 

神田明神は1300年以上江戸を守り、江戸庶民には厚い信仰で愛されていたのがわかります。

小象もまた行きたいです。

 

ちなみに小象の地元は「ラブライブ サンシャイン」がありました。

小象のラブライブは、「サンシャイン」から知ったので、普通の方と順序が逆です。

(アクアからμ‘sを知りました。)

 

神田明神のような古い文化と新しい文化が融合しあう日本の文化が、小象は大好きですね。

 

また、神田明神には、摂末社(せつまつしゃ)がたくさんあります。

今度は、そちらを紹介します。

 

 

 

関連記事

長谷寺 最強なごみパワースポット

運送業者なら金網稲荷神社に行くべし!

他を抜く柳森神社のパワー感がすごい

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*