他を抜く柳森神社のパワー感がすごい

みなさん、

こんにちは、小象です。

秋葉原駅のすぐそばにある、何やら怪しげな雰囲気のあるパワースポット、

柳森神社を紹介しますね。

 

柳森神社は、お社が敷地内に7つあり、常時パワーが生み出されている超ホットなパワースポットです。

 

歴史的には、江戸時代には商売繁盛の神として賑わい、柳椙森神社、烏森神社と共に江戸三森の一社と呼ばれていました。

 

柳森神社のご利益は「方位除け」、倉稲魂大神のご神徳による「衣食住安心」「商売繁盛」。

福寿神の「勝負運向上」「良縁成就」が期待できます。

 


住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-25-1

JR山手線「秋葉原駅」より 徒歩5分

 

柳森神社は、シュタインズ・ゲートに出てくる神社のモデルにもなってます。
外観は上野駅近くにある秋葉神社、場所は柳森神社をモデルにしているそうです。

小象
小象
秋葉っぽいねー


柳森神社の背景

室町時代、太田道灌公が江戸城の鬼門除けとして、多くの柳をこの地に植え、京都の伏見稲荷を勧請したことに由来する神社です。

 

最初に富士宮浅間神社が鎮座してあります。

その横に手水舎があり、力石群があります。

 

 

「たまのこし」を目指すパワースポット福寿神!?

「おたぬさん」で親しまれる福寿神

 

福寿神由来は五代将軍綱吉公の御代、将軍のご生母桂昌院様によって江戸城内に福寿いなりと称して創建されました。

桂昌院様は、京都堀川の生まれで、八百屋の娘が春日局に見込まれて、三代将軍家光公の側室となり、五代将軍綱吉公のご生母となりました。

 

小象
小象
八百屋の娘が、将軍様の母になるなんて、すごい出世だ!


 

大奥の御女中衆は、他を抜いて(たぬき)玉の輿に乗った院の幸運にあやかりたいとこぞってお狸さまを崇拝したと言われています。


後世、元倉前甚内橋際向柳原の御旗本、瓦林邸内に祠を移し祭祀される様になり、明治2年現在の柳森神社に合祀されました。

コロ助
コロ助
他を抜くような勝負運にご利益があるワン

 


コロ助
コロ助
立派なお狸様が守ってるワン



力石群

柳森神社には、13個の力石があります。

力石とは、村の鎮守、神社境内、会所や村境などにあって、若者たちが力試しをしていたのだという。


小象
小象
若者が力試しを競って、そのあと、何をしたのだろう・・・・

 

力石群の隣には、「明徳稲荷神社」、「秋葉大神」、「水神厳島大明神 江島大明神」、「金刀比羅神社」と続いてます。

 

     明徳稲荷神社、秋葉大神   

        金刀比羅神社

 

 

福寿神のお社です。

お狸様が守っています。

他の人よりも、抜きにでそうな感じがします。


下の石台にいるお狸様、ちょっとカメラ目線がかわいいですね

コロ助」
コロ助」
俺も出世するようにお参りするワン


柳森神社の御朱印

柳森神社の御朱印は、初穂料は100円で、参拝者が自分で押印するようになっています。
拝殿左の授与所に御朱印が設置されています。

 

柳森神社のパワースポット感が半端なかった

繰り返しちゃいますけど、柳森神社のパワースポット感が半端なかったですね。

お狸様も狐様もいる柳森神社は、一度いく価値があるかと思います。

場所も秋葉原駅から徒歩5分程度なので行きやすいですね。

 

小象
小象
うーん、このブログも抜きに出たいぜー


 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*