血統書って何?

小象
小象
血統書ってよく聞くよね

 

「うちのわんちゃんは、血統書つき、ざます。」
なんて言う成金のおばさんとか。


血統書は、人間に例えると「戸籍」のようなもので、
農林水産大臣が許可した団体が発行しているものだよ。
コロ助
コロ助



血統書(血統証明書)とは

血統書を発行するのは「犬籍団体」と呼ばれる組織です。犬籍団体は純粋な犬種を管理し、より質が高く、純粋な犬を繁殖するように血統書を管理し、発行を行います。

犬籍団体には様々なものがありますが、日本国内の血統書発行についてはJKC(一般社団法人ジャパケネルクラブ)が90%を占めているようです。

 

血統書とは、犬が犬種標準を満たしているかという証明書のことで、実際は、一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)に血統登録された同一犬種の父母によって生まれた子犬に対して発行されるものです。

 

犬種には、それぞれ理想の姿を定めた「犬種標準(スタンダード)」があます。

 

その固定された形態や特徴は、両親から受け継いだものであり、またその両親も、それぞれの両親から受け継いできたものです。

 

血統証明書の登録申請は、クラブ会員である繁殖者とJKCとの信頼関係に基づいて行われます。

 

子犬の血統証明書が発行される手続きは、まず繁殖者(=母犬の所有者)が所属クラブを通じてJKC本会に申請し、JKCでは申請内容を厳重に審査したうえで、犬籍原簿に登録し、血統証明書を発行します。

 

純粋な犬種の繁殖のためには、優れた素質の向上や維持固定された形態や特徴を守る必要があります。

 

生れてくる子犬が犬種標準の基準により近くなることを目標として計画をたてることが重要視されています。

過去にどのような交配があり、どのような犬が関わってきたか知ることができるのが血統証明書になります。

 

血統書(血統証明書)が必須条件の場合

血統書がないと、以下には参加できません。

 ・ドッグショー

 ・競技会

 ・展示会

訓練競技会やアジリティ競技会などについては、血統書の有無や犬種を問わないものもありますが、血統書がないと参加できないものもあります。

犬種ごとの競技ですので、その犬種を証明するのに血統書が必須になってきます。

 

血統書のトラブル

ペットショップで子犬を購入した後、いつまでたっても血統書が送られてこないというトラブルが見受けられます。

 

購入条件が純血種であった場合は、契約で違う約束がされない限り、売主は無償で血統書を交付し、純血種であることを証明しなけらばならない義務があります。

 

そのため、ペットショップに対して、血統書の交付を請求できます。

 

 

血統書については、消費者と売主とで認識に差があるようです。

我々消費者としては、子犬が産まれたら血統書が発行され、ペットとともに血統書が存在しているイメージです。

ところが、ペットショップは、様々な手続きが必要ですぐに血統書を渡すことができない旨を、丁寧に説明していないこともあるようです。

 

残念なことに、血統書を偽造する詐欺まがいな悪質な店もあるようです。

血統書については、店に詳しく説明してもらい、購入時は両親の血統書のコピーをもらうのも良い方法かもしれません。

 

血統書のこと まとめ

血統書はもともとよい純血種を守り、その犬が犬種の正しい特徴を受け継いでいるという証明にもなります。

血統書は犬種の標準(スタンダード)を満たしている目安となり、子犬の将来の毛並みや色、大きさといった姿を想像する材料になります。

また、血統書を発行できないのケースとして、①犬種標準を満たしていない、
②親犬に血統書がないため産まれた子犬にも発行が出来ない、③ミックス犬など同じ犬種でない両親から産まれた場合があります。

 

ただ家庭のペットとして一緒に生活する場合は、血統書はほとんど関係ありません。

大切なのはペット自身ですので、ペットと楽しい日常を送ってください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*