いわゆる犬のかぜ:ケンネルコーフ犬伝染性気管・気管支炎)

みなさん、こんにちは。

犬もかぜをひくんでしょうか?

うちのコロ助君は、大丈夫そうです。

 

小象
小象
俺も、最近せきがひどくて、、ゴホ、ゴホ、ゴボ、

ご主人様は、タバコの吸いすぎだワン
コロ助
コロ助



 

 

ケンネルコーフ(犬伝染性気管・気管支炎)とは

ケンネルコーフは呼吸器の感染症で、いわゆる「犬のかぜ」です。

せきを主症状とする疾患の総称になります。

乾いたせきをするのが特徴で急に症状が出ます。

喉に何かが刺さったかと思われることもあります。

 

ケンネルコーフの症状

がんこなせきが特徴です。

感染しても、食欲や状態は正常な時とほとんど変わりませんが、微熱が出ます。

興奮した時や気温の変化の影響で強くせきがでることもあります。

通常初期症状は数日でおさまりますが、抵抗力の弱い子犬は病状が長期化したり悪化します。

別の感染症にもかかって重症化すると、高熱や鼻水が生じ肺炎になることもあります。

 

ケンネルコーフの原因

ケンネルコーフの原因となる病原体は、アデノウィルス2型と犬パラインフルエンザウィルスです。

その他に細菌やマイコプラズマなどが病原菌となることもあり、混合感染するほど症状は重くなります。

感染経路は、感染している犬のせきなどに含まれる病原体を吸い込み、感染します。

犬が多く集まる場所で感染しやすくなります。

 

ケンネルコーフの治療

原因がウィルスの場合は、今のところ有効な薬はないようです。

細菌などに対しては、抗生物質が処方されます。

 

また、気管支炎を改善するため、気管支拡張薬を使用します。

吸入器でのどに薬を噴霧する方法です。

 

まとめ

犬も人間も同じようにたくさんのウィルスや細菌が存在している環境で生活しています。

人間でいえば、人が密集するような場所では、感染するリスクも高くなります。

犬も同じで、多くの犬と接触すると感染するリスクが高まります。

せき等のケンネルコーフの発症の疑いがある場合は、公園やドッグランなど犬がたくさん集まるところで、犬どうしの接触があったかをチェックしておくと病院にいったときに役に立ちます。

人間も犬も同じようなリスクだワン!

 

あなたも満員電車や人が集まる場所では、感染に気をつけてほしいだワン

コロ助
コロ助

俺は、仕事のストレスが、、、、
小象
小象


ペットも、飼い主のみなさんも、健康管理をして元気にすごしてくださいね。

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*