犬ジステンパーって怖い

みなさん、連休後のお仕事はお忙しいですか?

かわいい子犬とのワクワクライフを楽しみたい飼い主さんは、

ジステンパーに気を付けてください。

 

子犬に感染しやすいジステンパー

小象
小象
ジステンパーって何?

ジステンパーは、イヌ科の動物にかかりやすいよ。
日本オオカミもジステンパーで絶滅したとか、、、日本オオカミの絶滅は環境の変化ともいわれているけど。
コロ助
コロ助



 

最近は、ワクチンの普及によってこの病気が見られることが少なくなってきましたが、かかると伝染力が強く死亡率も高い病気です。

1歳未満の子犬には、特に注意が必要です。

 

ジステンパーウィルスに感染すると、高熱、下痢、肺炎等の消化器系や呼吸器系の思い症状が見られます。

しだいに神経症状をおこし、回復後も後遺症が残ることもあります。

 

ウィルスの潜伏期間は1~4週間くらいです。

初期症状の発熱では気づきにくいですが、その後の再発熱目やに、せきやくしゃみなどの呼吸器症状で病気が発見されたりします。

 

    関連記事 狂犬病は全ての哺乳類に感染する

 

ジステンパーの症状

最初は、軽い発熱や食欲不振程度で、そのままなおることもあります。

免疫力が低下し体力が落ちた犬は、高熱、嘔吐、下痢、鼻水、せき、くしゃみなどが見られます。

ウィルスが脳に達した場合は、ウィルス性脳炎の症状により、けいれん発作や四肢のまひ、興奮して暴れるなどの症状が出て、死に至ることもあります。

 

ジステンパーに特徴的な症状として、「ハードパット」があります。

これは、肉球が石のように角質化してしまいます。

感染初期には見られず、持続感染が長期化すると明らかになってきます。

 

ジステンパーウィルスの感染原因

原因は、犬ジステンパーウィルスの感染です。

この病気にかかった犬の唾液や尿、くしゃみによる飛沫感染によります。

まれに、尿や鼻水、目やになどに直接触れて感染する場合や、ウィルスがついた食べ物などを介して間接的に感染する場合もあるようです。

 

ジステンパーウィルスの治療

他の犬に伝染させる危険性があるため、基本的には入院し隔離治療です。

ウィルスに対する薬はなく、症状への対症療法をします。

免疫力を低下しないように保温につとめ、必要に応じビタミン補給などを行います。

なによりも予防接種を受けることが大事です。

 

関連記事

→→→子犬が突然死する犬伝染性肝炎の特徴とは

→→→犬パルボウィルス感染症の特徴とは

→→→いわゆる犬のかぜ:ケンネルコーフ犬伝染性気管・気管支炎)

→→→蚊の媒介によるフィラリア症は予防が肝心

 

 

1 Trackback / Pingback

  1. 狂犬病は全ての哺乳類に感染する – 愛犬コロ助と家族とのマンション生活

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*